こちらはYCEFホームページ内のコンテンツです。
YCEFについてさらに詳しく知りたい方は
こちらのホームページをご覧ください。

ペルー

☆ペルー☆2007-2008年度冬期
まず、ペルーには3つの気候があります。
1つは首都のリマがある海岸砂漠地域、2つ目はクスコという街がある高山地域、3つ目はイキトスという街がある熱帯地域、いわゆるアマゾン地域です。
つまり、同じ国でも、暑い時はとても暑く、寒い時はとても寒いです。
私も滞在中はある時はキャミソールでも大丈夫な時があったり、ある時は何枚も何枚も服を着てその上にジャンパーを着ることもありました。
水着を着て海を泳ぐこともありましたよ!
出来るだけ色々な気候に対応出来るように服を持っていくと良いと思います。

そして、色々なペルーのガイドブックに「高山病」というのが載っていると思います。
首都のリマは心配ありませんが、クスコという高地などに行くと注意が必要です。
私も実際高山病の兆候が体の症状に出てきました。
しかし、ペルーでは高山病の予防の薬を普通に処方してくれます。
ホストファミリーの方が買って下さってかなり良くなりました。
高山病の予防としては、走ったりせずにゆっくり呼吸をすること、ペルーで飲めるコカ茶も高山病には効くらしいです。

水についてですが、絶対に生水を飲まないようにして下さい。
お腹を下してしまいます。
スーパーやキオスクなどでミネラルウォーターを買って飲んで下さい。
私が買った時は目につかなかったのですが、炭酸入りと炭酸なしがあるので注意して下さい。
炭酸入りは飲みにくいそうです。

私はペルーに約5万円ほど持って行きました。
物価は日本よりもペルーの方が安いと思います。
もし、首都のリマを出てクスコなどに行く予定がある人はクスコでお土産を買うことをお勧めします!
リマよりかなり安いです。
例を挙げると、アルパカのマフラーを日本円800円でクスコの露店で購入しました。

最後に、私はA型肝炎の予防接種だけ出国前にして行きました。
生水などから感染してなる病気だそうです。
病院の先生に相談して、打つことを決めました。
また、近隣の国に行く予定のある人は黄熱病の予防接種がないと入国できない場合があるそうです。
その辺りは前もって情報を集めておくと良いと思います。

ペルーの人は冗談が大好きで、人と関わることも大好きです。
公用語が英語でなくスペイン語なのでなかなか難しいですが、積極的に自分から話してみると彼らは必ず耳を傾けてくれると思います。
多くの歴史的な建物や文化多くのことを学べる国だと思います。
良い思い出を作ってきてください♪

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
Facebook
ブログ内検索
このページのトップへ