こちらはYCEFホームページ内のコンテンツです。
YCEFについてさらに詳しく知りたい方は
こちらのホームページをご覧ください。

キャンプに参加するために、いまあなたができること


こんにちは。
夏季キャンプリーダーの奥村郁海です。

エントリー促進活動としてキャンプにまつわる色々な話をここまで書いてきました。
ですがキャンプに行きたくなったところで実際には
「テストとかぶるからいけない(泣)」
「まだ夏休み前だよ~~」
とエントリーできずにいる人が少なからずいるかと思います。

18fefd66e684003e597da1252104af12_m-1024x682.jpg


それでも毎年キャンプは行われ、YCEFからスタッフとして参加している人がいます。
過去のスタッフはどのようにして数々の障壁をクリアし、キャンプに参加してきたのでしょうか。
インタビューしてきました(^o^)/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【参加当時 高校3年生】
高校生でした!
大学生の先輩もみんな丸かぶりでした。
公欠がもらえるか否かは交渉次第だと思いますが、
だめだった人はテスト諦めるかテスト受けてからキャンプ合流してました!
YCEFが何やってる団体かよくわからないから
よくわからない団体の行事のために公欠は出せない
みたいなんですよね笑

【参加当時 県内私大4年生】
キャンプのチラシとかもって交渉したよ!
まあ4年生だったから授業も少なくて楽だったとは思う。
あとは、YCEFのキャンプに行くことで、めっちゃ成長できることは間違いないと思う。
まあテストどうこうっていうのは、教授次第だからなーーー
ライオンズクラズっていう、世界最大の奉仕団体の活動で、
世界40カ国とかの人とふれあうっていう機会の貴重さを感じてもらうとかよねー。
あと、あたしは日本語教員の資格とってたから、それも理由につかえたんだよね。
それに、あたしともう一人キャンプに一緒に行った子は卒業旅行で、
キャンプで出会った子の家に止まらせてもらうとかもしてるから
それくらいの友達を作れるチャンスでもあるとおもう!
学校の授業より、断然ためになると思う笑

【参加当時 県内私大2年生】
先生のところ行く前にどの授業とりたいか決めて、授業内容を完璧に覚える。
先生のところにどれだけ自分がその授業を受けたいのか話に行く。
話が盛り上がったら、次に、ライオンズがどれだけ自分に大きい影響を与えたのか話して、
その中での自分の役割を話す。この狭間で生きてることを伝え、
「テスト必ず満点取るし、ずらしてもらえるならどれだけ難しくしてもらっても構わんから、
授業取らせてください、ライオンズのキャンプにも参加させてください」と伝えた。

【参加当時 県内私大1年生】
教務課から突っ込んだらダメだって(-_-)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ポイントは
◎ライオンズクラブ、YCEFがどんな団体であり、自分にとってどんなものなのかを知ってもらう
◎テストを作る先生に直接相談する
ことみたいですね!

about_image_01.jpg


今日は3月29日ですね。大学生はそろそろシラバスや年間予定が公開される頃でしょうか。
授業が始まるまで残り一週間ほど。
もしキャンプに参加したいという気持ちが少しでもあれば、
戦略を練ってみてはいかがでしょうか。

「またの機会」とか「今度」とか
未来ってそんな確かなものじゃないです。思っている以上にあやふやですよ。

--
奥村郁海
2012-2013年度冬期マレーシア派遣
ライオンズクラブ334A地区YCEF広報担当
ライオンズクラブMD334複合地区2015年度夏季ユースキャンプリーダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

私は2015年度夏季にキャンプに参加した時は大学3年生でした。
確か必修の授業のテストとはキャンプ期間かぶってなかったんですが、自分でとった科目のテストが15回目の授業でやるテストとか、定期テスト期間中とかぶってました😭

15回目でやる方は、その授業の教授に言えば、「おお!すごいね!!ぜひ行っといで!頑張って!」みたいな感じに数名の先生がおっしゃってくださり、ゼミの先生も全然いいよみたいな感じでした。

問題は定期テストとかぶってる方で、まずはその担当の先生に言って、キャンプ参加して全然OKって言われたけど、教務課にも一応言っといてって言われて教務課行ったら案の定、無理です。だめです。追試受けれる理由にもならないです。って、何度訴えてもだめだったんですね。
実は2014年度夏期にイギリスへ派遣していただいたときもテストとかぶっていて、教務課に言ってもだめって言われてしぶしぶ単位落として再履することにしました。

日本のキャンプの話に戻って、もう1回担当の先生に言って、「ぜひ行ってレポートとかに代えるでもいいけど教務課がそう言うなら…」っておっしゃっていたので、結局、この授業捨てようって思いました。
最終的には定期テストも追試も受けずに1番悪い判定だけど単位もらえました!◎
テストで9割くらい判定がきまる授業だったと思います。笑
担当の先生に熱意?が伝わったんですね!笑
なので、とりあえず教務課には言わずに教授に何度も言ってみるべしです!
個人的な意見なんですが、落としてもいい科目だったらキャンプ優先もありです!

長々と失礼しました!
参考になれば幸いです😊

最近、奥村ちゃんのブログ投稿が目立っていますね♪
さすが広報兼キャンプリーダー。

私は部分参加をした経験があります。試験の日程を変更してもらうことはできず、試験を受けないと留年なので、「部分参加なら参加可能」とエントリーシートの備考に記入し、エントリーしました。夏季は人数が集まらない場合、部分参加者も参加できる可能性が高いので、このようにエントリーするのも一つの手です!!

ブログとても参考になりました。
明日、学務と掛け合います。先生から「頑張ってね、行ってらっしゃい」と言われるように、何聞かれても大丈夫なよう、しっかり準備していきます!

大学ならテスト受けれなかった人用の予備期間もあるから探してみるべきかもです。
先生に直訴するのすごいいいなと思いました( • ̀ω•́ )
わたしもやります!

No title

おっしゃる通り!
「ライオンズクラブ、YCEFがどんな団体であり、自分にとってどんなものなのかを自分の言葉で語れる」ことは就職活動や社会人になってからも本当に役立つと思います!
まずみなさん、LIONSがなんの略かご存知ですか?
答えられない方!知らないことは悪いことじゃないですよ、誰だって最初は知りません(笑)ぜひ知ってください。
私たちの活動はタダじゃないんです、ウインクあいちを一日借りるといくらかかるかご存知ですか?昼食代、一回だけでいくらかかってるかご存知ですか?一度予算案や決算書類をのぞいてみてください、限られた予算、もっと有効なお金の使い方があるかもしれないです。
そのお金の出どころ、支援をしていただいている根っこの”想い”を理解していなければ、大学の先生も納得させられないでしょう。

キャンプスタッフになると、要するに全員が”執行部的な目線”を手に入れます。まず自分が参加するために、自分の言葉で”想いを語れる”ようになります。
会計だってやります、フローだって作ります。輪に入れてない来日生を見つけて、自分から声だってかけます。企画を通すために、根回し、下調べ、ヒアリング、なんでもやります。自分がやらなければ、ほかにやる人がいないからです。やらないままキャンプが終わってしまうからです。「気づいた人が、行動する」これがキャンプスタッフの精神です。

やった後悔より、やらなかった後悔。
一瞬の後悔か、一生の後悔か。
選ぶのはあなたです!
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
ブログ内検索
このページのトップへ