こちらはYCEFホームページ内のコンテンツです。
YCEFについてさらに詳しく知りたい方は
こちらのホームページをご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生からのメッセージ(青木綾香)

みなさん、こんにちは!
ようやく卒業いたしました、青木綾香です(笑)
本当に最後まで図々しいのですが、メッセージを書かせていただきます。


私は高校2年から約4年間YCEFに参加させていただきました。
私がYCEFに参加したきっかけは、研修会や報告会で活躍されていたYCEF理事を見て、
「きらきらしてる大学生って素敵!私もそんな大人になりたい!」という想いからです。
なので、どうしたらきらきら輝けるのかを探求するために受験休みを取らず、参加し続けました。
そして、なぜきらきらしているのかがわかりました。

それは、「目的を持って、YCEFに全力で取り組んでいること」でした!

「海外の友達を作りたいから、キャンプに参加したい。そのためにYCEFに参加してる。」
「立派な社会人になるためにYCEFで社会勉強したい。そのためにYCEFに参加してる。」
など、しっかり目的を持って、その目標を達成するために全力で活動に取り組んでいる姿があったからです。
そして、YCEFはそんな先輩理事の姿があってこそ、今も存在し続けています。


それから、そのきらきらの秘密を知った私は、「きらきら輝く大人になりたい」を達成するために
「友達をたくさんつくる」という第二の目的を立てました。
友達をたくさんつくるために、YCEFの理事会、担当活動、オフ会などあらゆる活動に参加しまくりました。
今年度に関しては、本当に充実していました。
ずっと行きたかったキャンプに冬期メンバーとして参加させていただいて、
YCEFの冬期メンバーと仲良くなれたのはもちろん、来日生の子達とも仲良くなり、海外にも友達が増えました。
そして、オフ会にもたくさん参加して、岐阜旅行や同い年の子達とごはんを食べに行く会を企画するまでになりました(笑)
YCEFの理事と仲良くなって行く度に、改めて気づいたことがあります。

それは「専門、年代が様々な人がいること」です。

私は保育士なので、もしYCEFに参加していなければ、きっと今頃保育しかない環境の中を過ごしていました。
しかし、YCEFに参加して、様々な専門、年代の人と関わって、いろいろな価値観に触れたことで、
自分自身様々な視点から物事を考えることができるようになりました。
現在、保育士として働き、いろいろな子どもたちへの対応が求められている中で、様々な視点から考え、
子ども一人一人に合った私の対応は、YCEFでの活動から繋がっています。
なので、YCEFは参加すればするほど、たくさんの人に出会うことができるし、
様々な専門や年代の素敵な人達と関わることで、自分自身がいい影響を受けたことを実感し、
私の第二の目標「友達をたくさんつくる」を達成できました。


私の第一の目標である「きらきら輝く大人になりたい」は達成されたのかは、わかりませんが、
たくさんYCEFの活動に本当に楽しく参加させていただいて、全力で取り組んできて、本当に良かったと思っています。
ぜひ、みなさんにも目標や目標とする人を持って、全力でYCEF活動に取り組んでいってほしいです。
そうすれば、YCEFはもっともっと素敵な団体になっていくし、みなさん自身、もっと素敵な輝く人になるはずです!
私は、これから社会人として、保育士として全力で子どもたちと関わっていきます。
そして、本当に図々しいですが、複合の委員として全力でキャンプを支えて、まだまだYCEFに関わっていくので
よろしくお願いします。
長くなりましたが、私のYCEFへの思いは以上です。
読んでくださった方、ありがとうございました(^^)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

本当にお疲れ様^ ^
これからも複合だけでなくYCEFにもたくさん遊びに来てねー!!
いつでも待ってます✨

青木ちゃんお疲れ様です^o^
本当にありがとう。
最後は頼りっぱなしでごめんね!本当に助かりました!!
また一緒にご飯とか行こうね(*^^*)
今度は一緒にキラキラ社会人目指そう!!笑
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
Facebook
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。