こちらはYCEFホームページ内のコンテンツです。
YCEFについてさらに詳しく知りたい方は
こちらのホームページをご覧ください。

来日生個別サポート(Dor君) 午前の部

みなさん、こんにちは!
7/12(木)に初めて来日生個別サポートを担当しました、高宮城冴子です。

来日生は、イスラエルから来たDor BARON君(18)という、
笑顔が素敵な明るい男の子です^^


Dor.jpeg



セントレアでの出迎えと、
ホストファミリー宅までの車中にて
説明や会話のサポートをさせていただきました。


出迎えのとき、到着口から出てきたDor君は
ウェルカムプレートを見つけると満面の笑みを浮かべ、
“Hi! There you are! Can I give you a hug!?”
(やぁ!やっと会えたね!ハグしていいかい!?)
ととても嬉しそうに寄ってきたのが印象的でした。
きっと17時間もの長旅の後でやっと私たちに会えて、ほっとしたのでしょうね^^


その後すぐ犬山LCの車に乗ってホストファミリー宅の犬山へ向かいました。
私は午後から実習があったため、途中石橋さんにバトンタッチする予定でした。
それまでの間、車中で滞在中の必要事項をDor君に伝えました。
ホストファミリーの紹介、滞在中のスケジュール説明、
またベジタリアンであるDor君のための食事メニューの調整などです。

お寺の精進料理を食べられると聞いたDor君は
"It's best for Vegetarians!"
(ベジタリアンに最高だよ!)
と喜んでいました(笑)




Dor君はイスラエルで日本とアメリカの歴史を選択して勉強したらしく、
日本の伝統や文化にとても強い関心を示していました。
日本で何が一番見たいかを聞くと、
“I’m open to everything! I want see All!”
(全てを受け入れ、全てを見たいよ!)
と意気込んでいました。


Dor君の日本の文化を知ろうとする熱い姿勢を見て、
異国への好奇心をもつことの大切さを改めて認識しました。
やはり好奇心こそ、異文化理解・国際交流の原点だと思います。


私たちYCEFもサポートに行って
ただ日本について教えるだけでなく、
相手の文化を知ろうとする姿勢も忘れたくないですね^^
私も自分の派遣時、日本について興味を持ってくれる人に
出会うととても嬉しかった記憶があります。



なので、私も前日にイスラエルについて少しだけ調べて、
簡単なヘブライ語を覚えていきました。
Dor君はとても喜んでくれて、そのまま日本語のフレーズを
教える流れにもなったのが良かったです。



また、私は以前イスラエル人の友達から
なぜかイスラエルのゲームの駒をもらったことがあり、
それを持っていってDor君に見せました。
すると、凄く嬉しそうにその駒の説明と、そのゲームの背景にある
イスラエルの文化や歴史をたくさん語ってくれました。

ただの駒かと思っていたら、実は、
”偉大な奇跡がそこで起こった”
という文の頭文字の4つのヘブル文字が刻まれていて、
シリア圧政下で、ユダヤ人が収めた奇跡的な勝利を表しているものでした。

0E69E9A.jpeg



その壮大な歴史的背景を事細かに説明できる
18歳のDor君が何より素晴らしいですが (笑)
同伴して下さっていたライオンさんたちも
とてもしっかりしたDor君に感心なさっているようでした。


3時間という短い個別サポートでしたが、
いろんなことを学ばせてもらってとても充実した時間になりました。


もうすぐキャンプが始まりますが、
Dor君を始め、来日生の皆さんには日本のいろんな物事を
存分に吸収していってほしいと切に願います(*^_^*)

キャンプスタッフの皆さんは最高のキャンプになるよう、がんばって来て下さいね!


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
Facebook
ブログ内検索
このページのトップへ