こちらはYCEFホームページ内のコンテンツです。
YCEFについてさらに詳しく知りたい方は
こちらのホームページをご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年7月13日~17日 震災復興ボランティア①

YCEFの加藤駿です。
こんにちは(^^)
先日は、7/13~7/17の日程で東北の震災ボランティアに参加しました。
このボランティアでは石巻市に行きました。
今回のボランティアの参加者は、全員で30名(内10人がYCEFと、その友達)
 
現地の石巻市まで、名古屋からバスで片道10時間程度、往復で20時間になります。
バスでは割と疲れました。
実質ボランティア活動を行ったのは、7/14~7/16の中3日のみです。
作業時間は、9:00~15:00でした。
休憩を取りながらの作業のため、実質は1日4時間程度の活動時間です。
 
宿泊地は、キャンプを予定していましたが、公民館(男性)とアパート(女性)を利用していました。
ちなみに、公民館は、電気、ガス、水道がありました。

縮a

これが、他のボランティアのグループがキャンプをしている場所の写真です。
これは、大学のグランドを借りてテントを張っている状態です。とても心意気を感じます(^^)b
 
 
自分たちは、3日間ゴミ撤去を行いました。
この石巻市でも津波に被害がある場所そ掃除しました。
最初の2日間は川で行い、最後の1日は畑を掃除しました。
ゴミ撤去していてあらゆる物がありました。一番多かったの屋根の瓦です。
まれに、トタンや、食器等の生活に必要はものが多数ありました。
 
 
実際にボランティアをしていて思ったのですが、1人の力がものすごく小さい事がわりました。
しかし、小さい力でも、数が多いと、大きな力になるという事に気づかされました。
ボランティアは、3日しかなかったので、もっとゴミを片付けたいという気持ちが大きかったです。
 
ボランティアを行った場所の近くに小学校があました。
この学校は、津波の被害を受けた学校です。校舎は、3階建てでしたが、1~3階まですべてがぐちゃぐちゃな状態でした。
地震が発生した時間は、授業中であったため、教室の黒板に文字が書いてありました。

縮b

縮c 
 
これが、小学校の中の教室です。
津波により教室の中の物が流された状態であり、片付けてあるわけではありません。
すごく無残な状態でした。



縮d
 
建物は、鉄骨がむき出しの状態であり、民家は、基礎とたる土台より上はありませんでした。
また、地震発生後4カ月が過ぎていたので、民家があった場所に草が生えて草原みたくなっているそうです。
 
もし皆さんが、東北地方に用事があるようでしたら、1度見るだけでもいいので、是非足を運んでください。
 
今回は、本当にいい経験になりました。
 
YCEF加藤駿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
Facebook
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。