こちらはYCEFホームページ内のコンテンツです。
YCEFについてさらに詳しく知りたい方は
こちらのホームページをご覧ください。

2010-2011年度 第1回夏期キャンプミーティング議事録

2011年度第1回夏期キャンプミーティング議事録
相談役  リーダー



日時:5月21日(土)14:00~17:00  @国鉄会館
出席者:堀、井浪、大谷、加藤、坂本、清水、冨田、宮地、纐纈、L.岡部
司会:井波

・キャンプリーダー挨拶
経験浅いが協力して最高のキャンプにする
来日生が少ないという例年とは違う点もあるがみんなで頑張る

1, キャンプメンバー自己紹介(10分)
・キャンプへの意気込み、キャンプに期待すること
井浪 3回目のキャンプ。リーダーを支えていきたい
   日本離れの中来てくれる来日生のために楽しみながら真面目に。素敵なキャンプにしたい
富田 初めてのため分からないことばかりだが迷惑にならないよう頑張りたい
坂本 5回目ということでみんなを支えていきたい。みんなの相談役として頑張りたい
   来日生に対して日本の安全性を教えることも役割
加藤 自分自身が世界の情勢を知るいい機会にもなる
   リーダーにも迷惑をかけないよう頑張りたい
大谷 初参加という言い訳をしないで先回りしながら行動したい
清水 男一人のため心配な面もあるが自分の持ち味を出して成功させたい
宮地 初めてで緊張と楽しみ。英語の勉強をしたい

岡部さん 今の日本の情勢の中来てくれる来日生に良い思いをして帰って頂きたい


2, キャンプへの心構え(10分)
●キャンプテーマ
Beautiful Japan - Modern & Classic
●キャンプを成功させるために
①常に自分が何をすべきかを考え行動 仲間の協力が大切
②来日生と対等に、メリハリをつけて行動








3, 今後の予定の見通し(5分)

5月21日(今日):第1回キャンプミーティング 主内容:キャンプの概要、役割分担、ルールの確認

          各役割がグループごとに企画書・予算書など宿題作成

6月11日:第2回キャンプミーティング 主内容:各イベントの対策、各係の進行状況確認など

各役割で協力しながら企画について詳細を練る。この頃詳しい日程が出る予定

6月29日:5者連絡会 主内容:キャンプリーダーのみ参加。詳細確認、決定。

7月9日:第3回キャンプミーティング 主内容:部分参加、最終日程確認、各企画完成

7月23日~27日  夏期キャンプ本番

4, 参加者の確認(10分)
●全日程参加者 計8人 (来日生:24人)
・キャンプリーダー:堀   サブリーダー:井波    ブログ:井波
・チームリーダー:
1, 大谷 2,清水 3,加藤 4,坂本  5,富田 6,宮地
サブリーダーがブログを兼任。

●23日(土)部分参加者
 A地区:柴田・末松・山口
B地区:安田・不働・三浦
A地区卒業生:知崎・谷口・柏木   (リーダー:安田、サブリーダー:柴田)
卒業生以外の部分参加者には第3回キャンプミーティングに参加してもらう。
 リーダー、サブリーダーは第2回のキャンプミーティングに参加
初日の名古屋観光、各国紹介の日本紹介に参加

【確認事項】
*ブログについて
・冬期ユースキャンプ用ブログを引き継ぐか、新たに新設するか。
  →新たに新設

5, 日程の確認 (20分)
  (別紙参照)
●要確認事項
・【23日】「WELCOMEパフォーマンス」「日本紹介」
 一つにまとめるのか、またその行うタイミングについて
WELCOMパフォーマンス→全日参加者が担当
日本紹介→部分参加者が担当

・【23日】名古屋観光について
 部分参加の人に手伝ってもらう
 ホテルに早めに戻ってくるように意識・・・各国紹介をスムーズに進められるように

オプショナルツアーorグループか?オプショナルツアーの場合、その内容
  →オプショナルツアー
地下鉄移動は必ずスタッフがついていく

・【23日】両替について
 両替をしてこなかった来日生のために、両替ができる場所・時間帯を確認
  →キャッスルプラザ?・・・場所担当が確認

・【24-26日】自由時間(18:30-22:00)の過ごし方について
 ・外出する場合の規則:日本人スタッフが同行する
門限(21:00)を決める
外出の際にはリーダーに報告
 ・24日にレクを行う (案)BBQ場での花火、会議室でのレク、温泉ツアー等・・・レク係が企画

・【24日、25日】自由昼食について
 下調べが必要、希望別にツアーを組む?
  →ツアーはなしで個人におまかせ

その他注意事項など
・D地区は京都駅で離脱
・パッキングは前日の夜にしっかりとやらせる
・東大寺シカに注意
・観光地の下調べ


6, 担当者振り分け(30分)
・各担当の仕事内容確認
☆総務
・会計 ( 坂本 )
・ビデオ(←編集) ( 清水 )・( 堀  )
・備品 ( 加藤  )
・場所確認 ( 宮地 )・( 井浪 )
・英語担当 ( 富田 )・( 大谷 )

☆企画
・オリエンテーション担当 ( 清水 )・( 大谷 )・( 井浪 )
・各国紹介、WELCOMEパフォーマンス( 富田 )( 堀 )( 坂本 )
・レク(バスレク)( 宮地 )( 加藤 )

7, OB企画の内容決定(30分)
・OB企画とは??
《要検討箇所》
① 初日のオリエンテーションについて→オリエンテーション係が企画
② 各国紹介
(各国3分以内×19カ国)、PCによるプレゼン不可、主に歌や踊り、楽器演奏等を中心とする
③ 各国紹介(日本):ファッションショー、クイズ、お菓子配り 
※過去各国紹介の例:ソーラン節、世界に一つだけの花・・・・
④ レク・バスレク→レク係が企画
⑤ 感想文
  
8, ルールの確認(15分)
●スタッフとしての仕事
・時間厳守、毎回の集合での点呼、来日生の体調管理、食事でのアレルギー確認など
●規則について
・飲酒・喫煙の禁止、男女間の部屋の移動禁止、宿泊施設からの夜間外出禁止、バスの入れ替わり禁止
●施設の規則を守った行動
 →朝のつどいの集合、掃除の分担、シャワー、お風呂の時間、ベッドメイキング、消灯時間(京都:0時)
●ネームカードでの人数確認


9, スタッフポロシャツについて(5分)
・去年のポロシャツを再利用・・・1人3~4枚
・着るタイミング・・・初日、2日目、4日目


10, 来日生へのプレゼント企画(10分)
●色紙のプレゼント
・事前に人数分(25人分)の色紙を購入→個人でチーム人数分購入する
その後チームリーダーが名前を記入
・最終日の夜にみんなで書きあって最後にプレゼントとして渡す
・色紙に写真をいれる(写真はコンビニで現像)

11, キャンプ参加証明証発行手続きについて(10分)
発行希望枚数を各地区会長へ伝える→会長からキャビネットへ連絡してもらう(第2回キャンプミーティングまでにもらえるようにする)
12, 次回(6月11日)までの各担当宿題確認(15分)
・企画書をMLで流す(MLは大谷作成)
・資料ができ次第メールにて全員に送信
・オリエンテーション担当:ルールの把握、本番のフローの作成
・各国紹介系担当:日本担当部分の企画の考案
・レク系担当ゲーム・レクの考案、企画書作成取り掛かり
最低限各イベントで必要な備品(道具、景品)を確認、予算額を6/4(土)までに堀へ報告(会議後、6/18(土)に変更)
 メールにて各企画の情報提供をする
各企画別に大まかな構想を次回のキャンプミーティングで発表、意見交換
 全体としては、日程の確認、ルールの確認を各自行ってくる
*領収証は、キャンプ→「ライオンズクラブ国際協会334複合地区(YCE委員会)」、キャンプミーティング→「複合地区連絡会」で出してもらう。領収証裏面に名前、用途を記載すること。


13, 次回のキャンプミーティングについて
日時:6月11日(土)  14:00~17:00
場所:国際センター
内容:各イベント別の詳細日程確認、各企画内容検討など


・質疑応答


・新キャンプ参加者、参加者から一言
時間がなかったので、なし。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
Facebook
ブログ内検索
このページのトップへ